ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月02日

ルーカス・ポドルスキがヴィッセル神戸に移籍

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pol8-1484582904
既報通りにルーカス・ポドルスキの日本への移籍が確定した。しかしながら31歳のFWは今夏に日本へと渡ることになるという。ドイツ代表として129試合に出場した経験を持つポドルスキはTwitterにて、ガラタサライやヴィッセル神戸すべての関係者で合意に達したことを報告している。

「これはガラタサライに対する決断というわけではないんだ。新しい挑戦を求めての決断なんだよ。来るべき日にもっと説明したいと思う。それまではここのファンタスティックなファンの助けとなるために集中していくよ」

一方で獲得したヴィッセル神戸でオーナーを務める三木谷浩史氏は「このたび、世界的なストライカーがヴィッセル神戸に加わることを大変うれしく思います。ポドルスキ選手は1FCケルン、バイエルン、アーセナル、インテル、ガラタサライと欧州各国の名門クラブの主力として活躍してきました。」と喜びを述べ、ヴィッセル神戸が優勝を勝ち取るために、ポドルスキ選手が大いに活躍してくれることを期待しています。先に(昨年11月)発表した楽天とバルセロナのパートナーシップ契約も合わせ、Jリーグ、日本サッカー界がよりグローバルな視野を持って発展するきっかけになることを目指します。」と期待感を示した。

今年の12月にも、ヴィッセル神戸によるポドルスキへの関心は伝えられていたものの合意に至らず、その後は中国からの関心が寄せられるも北京には向かわず残留を決意。だが神戸は引き続き交渉を行い、ガラタサライ側は移籍金額700万ユーロを求めたのだが、最終的には成果によるボーナスが加えられる形で、移籍金260万ユーロで合意に至っている。通常であれば、Jリーグは中国とのマネー合戦で苦渋を舐める側にたつのだが、今回の移籍でポドルスキは年俸500万ユーロを得るとのこと。

最近ではJリーグでは元ドイツ代表カカウがセレッソ大阪でプレー。90年代にはピエル・リトバルスキやギド・ブッフヴァルト、ウーヴェ・バイン、フランク・オルデネヴィッツ、ミヒャエル・ルメニゲらがプレーしている。