ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月21日

成功率97%!バイエルンがズーレにマッチする理由

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4567
土曜日に行われたレヴァークーゼン戦では、なぜニクラス・ズーレがバイエルン・ミュンヘンへと移籍するのか。その理由を垣間見ることができた。

この日は3バックの真ん中でプレーする、ケヴィン・フォクトが出場停止にあったことから、代わりに内側へとスライドしてプレーしたズーレ。

ドイツ代表での出場経験もある21歳のCBは、その新たな役割のなかで、これまでとは異なるプレースタイルを披露。得意の対人戦での強さのみならず、今シーズンのリーグ最多パス数となる145パスを記録。そのうち実に140をも成功させ、成功率は96.6%にも及んている。

なおそれまで最多パス数を誇ったのは、来季から同僚となるバイエルンのマッツ・フメルスであり142。そのうち成功させたのは130で、成功率は91.5%。ちなみに今回のズーレの96.6%は、今季130以上を記録したパス成功数のなかで、最高の成功率だった。

ポゼッションサッカーのなかで見事なプレーをみせたズーレは「多くタッチできると、気分はいいものだよね」とコメント。

移籍金2000万ユーロで移籍するバイエルンでは、明らかにボールに触る機会が増えることから、これは大きなプラス材料となりそうだ。