ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

公式ソース:Bayern München |  2017年04月09日

ロッベン「相手にチャンスを与えなかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FCバイエルンはボルシア・ドルトムントとの大一番を既に開始10分で2-0でリードすると、最終的に見事なパフォーマンスで4-1(2-1)の勝利を収めた。ドイツの歴代王者は90分の間、試合をほぼ終始圧倒した。試合後ロッベンは「僕たちは相手にチャンスを与えなかった」と満足げな様子を見せ、「このような強い相手にああいう試合ができたのは嬉しい」と語った。これにはカルロ・アンチェロッティ監督も、「いいパフォーマンスの後我々にとり、いい結果が出せた」と頷いた。