ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月11日

ノイアーがチーム練習復帰、レヴァンドフスキは個人練習

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1491828127
水曜日に行われるCL準々決勝レアル・マドリード戦に向けて、月曜日に練習を行なったバイエルン・ミュンヘンだが、そこには足の手術を受け離脱していたマヌエル・ノイアーの姿があった。

チームメイトらとともにトレーニングを行なった守護神の出場の可能性について、バイエルン側は「高い」と見ており、同じく負傷によりドルトムント戦を欠場したトーマス・ミュラーとともに復帰を果たせる見通し。

そのミュラーは負傷の状態について、「まったく問題なく練習できているし、それはいいシグナルさ」とのべ、レアル戦に向けて、「いい準備ができているよ。とても自信をもてている」とコメント。「これは欧州全体におけるトップマッチだ。ミュンヘンではこの話題で持ちきりさ」と語った。

またカール=ハインツ・ルメニゲCEOは「「2試合ともに素晴らしいプレーをしないといけない。それで準決勝にいくチャンスができる。もしもそれができれば、優勝の可能性も見えてくるだろう」との見方を示している。

一方で、ドルトムント戦で肩を打撲したロベルト・レヴァンドフスキは、この日は室内にて個人練習に勤しんだ。

主審はリッツォーリ氏


今回の主審を務めるのは、イタリア人審判員のニコラ・リッツォーリ氏。これまで同氏は、昨夏に行われたEL準決勝フランスvsドイツ(0−2)で主審を勤めており、さらに2014年ワールドカップ決勝ではドイツvsアルゼンチン戦でさばいてドイツ代表が優勝、さらに2013年にはCL決勝でドルトムントを倒しバイエルンが優勝を果たしたときにも主審を勤めていた。

ただその1試合をのぞく4試合では、バイエルンは2014年のアーセナル戦での勝利以外4敗を喫しており、あまり相性が良いとはいえない。一方のレアル・マドリードは、3勝2分を無敗を継続しているところだ。



先発予想:ノイアー – ラーム, ハビ・マルティネス, J. ボアテング, アラバ – シャビ・アロンソ, ビダル – ロッベン, ティアご, F. リベリ – レヴァンドフスキ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報