ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月14日

ボアテングも負傷!フメルスとレヴァンドフスキには進展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


土曜夕方から行われるバイヤー・レヴァークーゼン戦に向けて行われたプレスカンファレンスにて、カルロ・アンチェロッティ監督は、「昨日はあまりいい1日をすごせたわけではなかったね。レアル戦のことを考えてしまって」とコメント、しかしながら「もう今日となったら別だよ」とリーグ戦に向けて気持ちを切り替えていた。

なお今回の試合では、チャンピオンズリーグの日程も考慮してローテーションを行うことになるが、しかしながら「ジェローム・ボアテングが内転筋に少し問題を抱えた。明日はプレーできない」と指揮官。さらにバイエルンでは、マッツ・フメルスがまだ復帰を目指している最中であることから、CBを本職する選手はハビ・マルティネスただ一人ということとなっている。

次戦のレアル戦ではマルティネスが出場停止処分にあるが、ボアテングがこの試合までに間に合うかは今のところはまだ不明だ。

一方でそのフメルスからは朗報が届いており、次戦のレアル戦に向けて「今日は水で、明日は砂で、そして月曜日はピッチでトレーニングを行う。それでレアル戦に間に合うよう期待しているよ」との見方を示した。

そのため週末のレヴァークーゼン戦では、CBには左SBからダヴィド・アラバをスライドし、フアン・ベルナトを左サイドで起用することになるだろう。

一方でフメルスと同じく、負傷のためにレアル戦を欠場したロベルト・レヴァンドフスキについては、レバークーゼン戦はいずれにせよ累積警告で欠場となっており、「今は個人練習をこなしていて、いい感覚を覚えているようだよ」とこちらも改善が見られていることが明らかとなっている。

この試合での選手の起用法について、アンチェロッティ監督は「まずは練習をみてから決めることにするよ、疲労がどれほどあるかを考慮してね」と語った。

レヴァークーゼン戦先発予想:ノイアー – ラフィーニャ, マルティネス, アラバ, ベルナト – キミヒ, アロンソ – コマン, ティアゴ, ダグラス・コスタ – T. ミュラー


  • ブンデスリーガ・各チーム情報