ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月16日

レヴァンドフスキがチーム練習復帰、フメルスとボアテングはランニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「この試合で負傷欠場したロベルト・レヴァンドフスキが、今度のレアル戦に出場できるかについては、私は楽観的にみているよ」 

そう土曜日に行われたレヴァークーゼン後に語っていたカルロ・アンチェロッティ監督。

そして日曜日には同選手はチーム練習に参加しており、みずからCL準々決勝レアル戦2ndレグの出場に向けて前向きなコメントを述べた。

「いい感じだ。今日練習に参加できたことには、とても満足しているよ。すべては順調だ」と、ポーランド代表はクラブの公式TVに対して語っている。

先週の古巣ドルトムント戦で肩を負傷した同選手は、つづくCL準々決勝レアル戦1stレグを欠場。さらに週末に行われたレヴァークーゼン戦でも参加を見合わせており、ッバイエルンは共にブンデス得点王の不在の大きさを再認識する結果となった。

そして日曜日に非公開でお行われたからはふたたび、ユース3選手含む9名と共に汗を流す姿が見受けられており、そのほかの選手たちは回復を目的として室内で調整を行っている。

これによりレヴァンドフスキは復帰に向けて視界良好といったところだが、その一方でバイエルンでは二人のドイツ代表CB、マッツ・フメルス(足首)とジェローム・ボアテング(内転筋)の出場が疑問視されたままとなっており、この日も両選手はランニングメニューをこなす姿が見受けられた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報