ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月18日

レヴァンドフスキ復調、フメルスとボアテングは「チャンスはある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hummels800-1492422445
勝ち抜けか、それとも敗退か。チャンピオンズリーグ生き残りをかけた決戦に挑むバイエルン・ミュンヘンだが、火曜日の試合を前に行われたプレスカンファレンスには、フィリップ・ラームとシャビ・アロンソの姿があった。

チャンピオンズリーグで素晴らしいキャリアを築いてきた両選手だが、すでに今季限りでの現役引退を表明。これが最後のCLでの戦いということになるかもしれないものの、ラームは「そんなことなんかに思いを巡らせてなんかいない」とコメント。ただし「確かに僕たちは不利な立場にはいるけれどもね。それは確かさ」と言葉を続けた。

一方でリヴァプール時代とレアル時代にそれぞれ1回ずつCLを制したシャビ・アロンソは、古巣での試合を前に「とても特別なフィーリングがある。ここで5年間プレーしてきたし、ここでの経験は全てが大好きなものだ」と述べ、「でも僕たちにはレアルを止められるだけの力が備わっている」と闘志も燃やしている。

なおこの試合での注目ポイントは、出場が危惧されている攻守の主力、ロベルト・レヴァンドフスキとジェローム・ボアテング、そしてマッツ・フメルスが出場可能かどうかにあるのだが、カルロ・アンチェロッティ監督は「レヴァンドフスキはOKだ。チーム練習にしっかりと参加できている」と説明。

一方でドイツ代表CB二人については「まだチャンスはある」との見方を示してはいるものの、ボアテングに関しては確かに5vs2のボール回しに参加するなど確かな期待感はあるのだが、フメルスについては注意しながらのランニング、そしてパス練習を行なっている状態であり、出場は厳しいだろう。

【先発予想】
レアル:ナバス – カルバハル, セルヒオ・ラモス, ナチョ, マルセロ – カジミーロ, クロース – モドリッチ, イスコ – ベンゼマ, クリスチアーノ・ロナウド

バイエルン:ノイアー – ラーム, キミヒ, アラバ, ベルナト – シャビ・アロンソ, ビダル – ロッベン, ティアゴ, リベリ – レヴァンドフスキ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報