ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月21日

骨折したノイアー、手術回避もシーズンは残り全休

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

neuer800-1492691445
恐れていたとおり、バイエルン・ミュンヘンは残りのシーズンを、守護神マヌエル・ノイアー不在で戦うことを余儀なくされた。

精密検査の結果を受け、バイエルンの医療チームは初期診断で下された骨折を中足部分で確認。

手術は回避されたものの、保存療法を行いながら来季に向けて回復を目指していく。

ノイアーは「もちろんプレーできなくなったことは残念だ」と述べ、「これから僕は全力で、早期回復に向けて取り組んでいくよ。それが何よりも重要なことだからね」と語った。

ノイアーは今週火曜に行われたレアル戦での延長にて、ロナウドにこの日3点目を決められた際に、3月終わりに手術を受けていた足を負傷。

これによりバイエルンは代役として、今季限りで退団の流れにあるスウェン・ウルライヒを起用することになり、一方で元シュトゥットガルターにとっては絶好のアピールの機会という意味合いも持つ。