ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月26日

リヴァプール指揮官、D・コスタ獲得を希望…バイエルンは移籍容認か

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、バイエルンに所属するブラジル代表MFドウグラス・コスタの獲得を希望しているようだ。ドイツメディア『スポーツビルト』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 報道によると、クロップ監督は以前からD・コスタの獲得を望んでいたという。リヴァプールは今夏の移籍市場で獲得に乗り出すと見られているが、バイエルン側も移籍を容認すると予想されている。

 D・コスタは1990年生まれの26歳。今シーズンはブンデスリーガ第30節終了時点で21試合出場(先発は13試合)4ゴールを記録しているが、報道では「昨シーズンはドイツでのスタート(1年目)を印象的なものとしたが、今シーズンは調子を落としている」と伝えられている。
きんg