ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月28日

アンチェロッティ監督「ポカール敗退の責任は受け入れる」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1493379798
この2週間のうちにチャンピオンズリーグ、さらにはDFBポカールからも敗退を喫し、残されたタイトルはリーグ優勝のみとなってしまったバイエルン・ミュンヘン。

金曜日にプレスカンファレンスに出席したカルロ・アンチェロッティ監督は、その理由を説明するために敢えて英語を選択して説明を行なった。

「小さな部分が重要になってくる、そう私は話していたはずだ。負傷、審判の判断、コンディションなどね。」

そう語ったイタリア人指揮官は、「CL準決勝のレアル・マドリード戦の前には負傷者がでてしまった。4月はじめまではよかったが、レヴァンドフスキとフメルスが怪我をしたよ。そしてマドリードでの試合では、主審がひどいジャッジをおこなってしまった」とコメント。

ただその一方で、ポカール準決勝敗退には別の見方を示しており、「試合を決めきれずに、コンパクトに守れなかったことで2−1のリードを保てなかった。あれは私の責任であり、批判はうけいれる」と不満の色をみせている。

しかしそれでも「雰囲気はいい。クラブは支持してくれているし信頼を感じる。ルメニゲCEOとヘーネス会長は豊富な経験をもっており、この状況については他の人たちよりもよりよく理解を示してくれるよ」と強調。

すでに視線はリーグ優勝へと向けられており、結果次第では週末にも優勝が確定するが「早く決められるよう」意気込みをみせた。

なお木曜日の練習ではマッツ・フメルス、ダヴィド・アラバ、そしてジェローム・ボアテングが参加を見合わせており、出場の可否については金曜日のトレーニングで判断が下されることになるだろう。

vsヴォルフスブルク先発予想:ウルライヒ – ラーム, J. ボアテング, フメルス, アラバ – ティアゴ, ビダル – ロッベン, T. ミュラー, F. リベリ – レヴァンドフスキ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報