ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月06日

ノイアーの代役ウルライヒ負傷、このまま退団か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1494074215
土曜日に行われるダルムシュタット戦の直前に、バイエルン・ミュンヘンはスウェン・ウルライヒが負傷のためにシーズンの残りを全休することを発表した。金曜の練習中に肘の靭帯を損傷したという。

守護神マヌエル・ノイアーが負傷したことに伴い、ここまで代役を務めてきたスウェン・ウルライヒ。今季はここまで5試合に出場して、kicker採点3.1をマークしていたのだが、前日のヴォルフスブルク戦がバイエルンの選手として最後の出場ということになりそうだ。

1998年から2015年まで在籍したシュトゥットガルトでは、不動の守護神としてリーグ戦220試合に出場。しかし2015年に2部降格に伴い、バイエルン・ミュンヘンへと移籍すると、ノイアーのバックアップとしてここまでリーグ戦6試合に出場してきた。

だが契約が来季で切れる同選手は「また定期的にプレーできるクラブがあれば、それは興味深い話となるだろうね。考えることになるさ」と、ノイアーが負傷する前にkickerに対してコメント。理にかなったオファーが届けば、バイエルンも移籍の希望に応じることだろう。

なお今回のダルムシュタット戦では、36歳のトム・シュタルケが先発出場を果たした。2012年からバイエルンに在籍する同選手は、これまでに13のタイトルを獲得してきた一方で、出場機会については公式戦7試合のみにとどまっており、今季いっぱいで現役生活にピリオドをうつようだ。またバックアップには20歳のレオ・ヴァインカウフが入っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報