ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月17日

移籍希望報道に、キミヒ自身も反論

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kimmich8-1495031270
自身が育ったエリアの地元紙シュトゥットガルター・ツァイトゥングは2日前、ジョシュア・キミヒが今季限りで退団するとの情報を掴んだと報じたが、このことについてスポンサー企業パウラーナー社のイベントに出席したジョシュア・キミヒ自身が、明確に記事の内容を否定した。

「事実として、僕はバイエルンを後にしたいとは思っていないよ」

昨日にはバイエルンのカール=ハインツ・ルメニゲCEOが、「明らかな誤報」とこれを一蹴し、記事に対して「法的措置も辞さない」考えも示してた上で、2020年まで契約を残すドイツ代表DFについて「これから何年間もバイエルンでプレーし続けていくと思う」とコメント。一方のキミヒも「 僕もそうだし、ここでバイエルンで長くプレーするということは僕の目標だ」と同調した。

今回このような噂が浮上した背景については、飛躍を期した今季、カルロ・アンチェロッティ新監督の下で思うように出場機会を得られなかったことがあげられるが、このことについてキミヒも「不満」を抱いてはいるものの、すでにアンチェロッティ監督と状況について話し合いを行なっており、「バイエルンでこのままやり通したい。このクラブにとって重要な存在となりたいんだ。主力選手の一人になりたいと思っているよ」と意気込みをみせた。

すでにアンチェロッティ監督は、今季限りで引退すりフィリップ・ラームの後継としての期待感を示しており、ひとまずはキミヒ自身も移籍についてはもう考えにはないようだ。



  • ブンデスリーガ・各チーム情報