ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月25日

ライプツィヒはバイエルンのライバルとなり得る?

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブンデス昇格1年目となった今シーズン、RBライプツィヒは開幕から快進撃をつづけ、最終的にはリーグ戦2位、ボルシア・ドルトムントをも上回るサプライズを演じて見せた。

果たしてバイエルンの対抗馬として名乗りをあげることになるのだろうか?しかしミンツラフ代表取締役は「バイエルンとの差は1光年はあるよ」とコメント。さらにレジェンドであるオットマー・ヒッツフェルト氏も「まだだね。まずは欧州のトップレベルにいくことだ」との考えを示している。

しかしF1事業への投資などレッドブル社のスポーツへのスポンサリングへの投資、ラングニック氏が抱く野心を理解している者であれば、RBライプツィヒがサッカーの世界においても大きな役割を演じたいと考えていることは確実だと考えるだろう。

なおかつてライプツィヒで職務につき、これからはバイエルンのユースで勤務するウリ・ヘーネス会長の息子ディーター・ヘッキング氏は、「レッドブルのシステムは、首尾一貫して作り上げられてきたものだ」と賛辞をおくった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報