ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月26日

現役引退シュタルケ、今夏に「恩返し」で一時復帰

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今シーズンを最後に、17年間にも及ぶ現役生活にピリオドを打ったトム・シュタルケ。しかしkickerとのインタビューのなかで、「僕が7月1日の練習再開のときに、僕がスパイクを履いてピッチに立っていたら、みんな驚くだろうね」と語った。

バイエルンでは足を骨折したマヌエル・ノイアーをはじめ、スウェン・ウルライヒが肘の靭帯を損傷、さらに若手クリスチャン・フリュヒトルも靭帯結合部に負傷を抱えている状況にあり、「クラブ側から打診があった。これまでの恩返しを少しでもできたらと思う」と言葉を続けている。

本来は第2のキャリアとして、バイエルンで若手育成に携わるところなのだが、しかし今後については「3選手の回復をみながらだね」とコメント。少なくともアジア遠征には帯同することになるようだ。