ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月06日

復調めざすジェローム・ボアテングに進展

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨季は負傷に悩まされ、公式戦わずか21試合、ブンデスにいたっては13試合のみの出場にとどまったジェローム・ボアテング。まったく納得のいかないシーズンを過ごす結果となったのだが、さらにそれに追い討ちをかけるかのように最終節で大腿筋を損傷。

その際にドイツ代表でも守備の要を担う28歳は、kickerに対して「準備期間までには復調するよ」と宣言していた。

だが練習初日ではそれはかなわず、ボアテングの姿は練習場では目にすることができなかったものの、木曜日には進展がみられており、これまで個人練習をつづけてきた同選手が「チーム練習へ部分的に参加した」ことが、クラブ側より発表されている。

ただし今晩行われるヴォルフラーツハウゼンとのテストマッチでは、当然ながらまだ時期尚早。しかし徐々にだが確実に、ジェローム・ボアテングの復帰がみえはじめてきた。

その一方でフランク・リベリとフアン・ベルナトの姿がみられなかった。クラブ側の発表によれば、両選手とも室内で個人練習を行ない、体づくりなどに励んでいたという。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報