ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月08日

バイエルン、ノイアー除く18選手でアジアツアーへ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


これから12日間のアジアツアーへと向かうバイエルン・ミュンヘン。しかしマヌエル・ノイアーは遠征参加を希望してはいたものの、このままミュンヘンへと残り負傷した中足からの回復を目指していくことになる。

「ここまでは全く予定通りだ」とクラブ公式ページにて明かした守護神は、「目標は開幕のレヴァークーゼン戦までに復調すること。そのために、これからも日々取り組み続けていくよ」と意気込みをかたった。

さらにバイエルンではスウェン・ウルライヒも肘の負傷で離脱。そのため昨季限りで現役引退を表明していたトム・シュタルケが、今回の遠征には選手としてチームに体動しているところだ。

なお今回のツアーには前述の2GKのほか、代表参加のためジョシュア・キミヒ、セバスチャン・ルディ、ニクラス・ズーレ、アルトゥーロ・ビダル、そしてセルゲ・ニャブリが不参加。

一方で参加メンバーはダヴィド・アラバ、フアン・ベルナト、ジェローム・ボアテング、キングスレイ・コマン、ダグラス・コスタ、マルコ・フリードル、クリスチャン・フリュヒトル、マッツ・フメルス、ロベルト・レヴァンドフスキ、ハビ・マルティネス、トーマス・ミュラー、ラフィーニャ、フランク・リベリ、アリエン・ロッベン、レナト・サンチェス、トム・シュタルケ、ティアゴ、コランタン・トリッソ、さらに「何人かのユース選手」も加えた、全18選手で臨むことも、バイエルンは明かしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報