ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月10日

ハメス、バイエルン移籍の可能性も…アンチェロッティ監督と再会なるか

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンが、レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得へ向けて準備を進めているようだ。コロンビアのテレビ局『カラコル・テレビシオン』の報道を引用し、スペイン紙『アス』が10日に伝えている。

 報道によると、バイエルンがJ・ロドリゲス獲得に向けて動きを見せており、関心が報じられているマンチェスター・Uやパリ・サンジェルマンよりも先に正式オファーを提示する可能性もあるという。

 今回の報道では、バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督とJ・ロドリゲスの良好な関係も指摘されている。同監督は、J・ロドリゲスがレアル・マドリードへ加入した時の指揮官だった。アンチェロッティ監督の指揮下で、同選手は公式戦46試合出場17ゴール18アシストと好成績を残している。

 なおJ・ロドリゲスについては今月3日、移籍先としてマンチェスター・U以外のクラブを望んでいないとの報道もあった。イギリスメディア『スカイスポーツ』によれば、同選手はレアル・マドリード残留とマンチェスター・U移籍の二択に絞っている旨をフロレンティーノ・ペレス会長に直接伝えた模様だ。

 マンチェスター・U移籍への強い思いを持っていると見られているJ・ロドリゲスだが、“恩師”アンチェロッティ監督からの誘いとなれば、心を動かされる可能性も十分にあるだろう。今後の動向に注目が集まる。

きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報