ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月12日

アンチェロッティ監督「アラバとロッベンはいける」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先週の土曜日では、敵地で行われたDFLスーパーカップでドルトムントを撃破し、優勝の歓喜にわいたバイエルン・ミュンヘン。昨季のDFBポカール準決勝での借りを返した格好にもなるが、その勢いを週末に迎えるDFBポカール1回戦ケムニッツ戦(本日日本時間22時半キックオフ)へとつなげていきたいところだ。

「今週はよかったね。我々はいいトレーニングができたよ。ドルトムント戦での勝利がプラスとなったし、選手たちは自信を増すことができたようだ」とカルロ・アンチェロッティ監督は、金曜日に行われたプレスカンファレンスにて語った。

さらにイタリア人指揮官は朗報についても口にしており、ふくらはぎに問題を抱えていたアリエン・ロッベンと、足に打撲をかかえていたダヴィド・アラバの両選手が「ケムニッツ戦に向けて復調している」とコメント。そのほかの負傷選手も順調な回復をみせ、個別にプログラムをこなしているところであり「できるだけ早く復帰してくれること」を願った。

ただし慌てさせるような考えは抱いてはおらず、特にボアテングについて「今は個人練習をこなしているが、(大腿筋に)問題を抱えていたんだ。チーム練習に参加させるのは、万全となってはじめてトライするものだよ。リスクは犯したくはないし、それは他の選手でもいえることだ」と強調。その一方で今回のケムニッツ戦での選手起用については、現状における「ベストメンバー」を組むとも宣言している。

確かにアラバとロッベンについては、その試合で出場する可能性はあるのだろうが、しかしながら先発起用となると疑問符がつくことは否めない。「たぶん先発はしないと思うね。だが、後半から起用するという可能性はある」と明かしたアンチェロッティ監督は、昨年にイェナを相手に5−0と好スタートを切ったことの再現を願っており、「ケムニッツ戦は重要な試合の1つだよ。ポカールは重要な体感なんだ。メンタル面での問題はないと思うね」との考えを示した。

バイエルンの先発予想:ウルライヒ – キミヒ, ズーレ, フメルス, ラフィーニャ – ルディ, トリッソ – T. ミュラー, ビダル, F. リベリ – レヴァンドフスキ