ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月18日

トーマス・ミュラー「喜び、成功、そして多少の安堵を」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マインツ戦で先発出場して先制ゴール、さらにレヴァンドフスキへアシストするなど活躍をみせたトーマス・ミュラーが語る・・・

…先制点の場面について、ロッベンは自身が少し触っていたと言っていましたが?
トーマス・ミュラー(MF:バイエルン)「特に僕たちはそのことについて話はしていないよ。僕たちとしては今日みせたパフォーマンスを、これから数週間にわたって継続していくことに集中していきたい。それができれば喜び、成功、そして少しの落ち着きを得られるだろう。それは僕たちに好影響をもたらしてくれるものだよ」

…ロッベンはご自身とプレーすることが自身にも好影響だと話しています
「そういってもらえるとうれしいね。でもそれは僕たち2人にとっては、特に新しい認識というわけでもないよ」

…バイエルンではここのところ議論がなされてきましたが、4−0という結果については?
「火曜日のシャルケ戦、そして金曜のヴォルフスブルク戦をみてみることになる。もしもそこでうまくできなければ、また別のことを耳にするようになるのだろう。でもいい試合だったことは確かだ。僕たちはとても楽しめていたし、チームとして戦えていた。今日はあまり批判はされないはずだ」

…アンデルレヒト戦からマインツ戦までの期間ではどのようなことが?
「もちろん僕たちは話し合いをおこなった。だってみんなが野心的だし、成功を求めているからね。僕たちは決して満足なんてしていない。アリエンが火曜日に話していたように、僕たちはピッチで表現しないと。今日はそれがうまくいった。これからも取り組み続けていって、そして次回でもまたうまくやりたいと思う。」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報