ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月22日

アンチェロッティ監督「ノイアーは1月に復帰」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今夏の準備期間では苦しみ、さらに今季2試合目では早くも黒星がついたバイエルン・ミュンヘン。しかし最近3試合では3連勝、得失点は10:0という状況にあり、「我々はいい時期にあると思う。」とカルロ・アンチェロッティも胸を張った。

そして本日金曜日に迎えるヴォルフスブルク戦については、「勝利をおさめたい。これを継続していくためにね」と意気込みをみせ、その後には注目のパリ・サンジェルマン戦が控えるが、「ヴォルフスブルク戦からは、パリ・サンジェルマン戦にむけて我々には5日間が残されているんだ。まずは金曜日の試合に集中するよ」と強調。

そのため選手起用に関しては、「ローテーションをする考えだ。シャルケ戦で出場していない選手には、今回のヴォルフスブルク戦で出場する可能性は高まっていると言えるだろう」との考えをすでに示している。そのうちの候補が、風邪で欠場していたロッベンだ。「彼が再びプレーする可能性はある」と指揮官はコメント。

ただその一方で、臀部に打撲を受けていた「ティアゴは日曜日もしくは月曜日に練習復帰の見込みだ」とのことでヴォルフスブルク戦を欠場、しかし靭帯を損傷したアラバとともに、パリ・サンジェルマン戦で復帰する可能性があるようだ。

また先日、再び中足に亀裂骨折をかかえ長期離脱となったマヌエル・ノイアーについては「手術はうまくいった」と語り、医療スタッフに対する擁護・支持を強調した上で、「マヌは1月に復帰する。今は回復に努めてもらいたい。それから後半戦のために準備を行なっていくことになるよ」と語った。