ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月05日

バイエルン、老将ユップ・ハインケス氏が監督復帰か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


どうやらバイエルン・ミュンヘンは、監督業から4年前に退いている名将ユップ・ハインケス氏を、現場へと復帰させる流れにあるようだ。なおこれまでユップ・ハインケス氏は、バイエルンにて3度監督に就任した経験をもち、そのうちの1つは2009年にユルゲン・クリンスマン氏の後を引き継ぐ形でのつなぎ役だった。

これまで候補としてあがっていたホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督については、水曜日の時点まで特にこれといったアクションはなく、現在暫定監督を務めるウィリー・サニョル氏はじめ、候補としてあがっていたオットマー・ヒッツフェルト氏や、メメト・ショル氏らとも、特に話し合いもオファーもない模様。

その一方で昨季いっぱいでボルシア・ドルトムントの監督を務めていたトーマス・トゥヘル氏も、有力な候補として名前があがっていたのだが、しかしながらなかなか話し合いがまとまらず、3冠達成の名将を再び現場へと復帰、来夏でのユリアン・ナーゲルスマン監督招聘を目指していくことになりそうだ。