ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月08日

イングランド代表戦でボアテング欠場、クロースにも疑問符

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の金曜日にドイツ代表はウェンブレイにて、まだプレミアリーグでは導入されていないビデオ判定技術が試験的に採用される中、イングランド代表との伝統の一戦に臨むところだが、しかしながらこの試合ではジェローム・ボアテングが欠場することが明らかとなった。

バイエルン・ミュンヘンに所属する守備の要は、現在筋肉には問題を抱えているとのことで、さらにレアル・マドリードに所属するトニ・クロースについても、この試合で欠場する可能性があるという。

確かにボアテングは木曜日に、一路ロンドンへとドイツ代表として帯同はするのだが、しかしながらすでに同箇所の問題により先日のドルトムント戦でも欠場しており、今回も大事をとって出場を見合わせることになる。

またトニ・クロースについては、胃腸に問題を抱えて水曜日の練習参加を見合わせており、まだ出場にむけて希望が残されているという状況だ。なおバイエルンのマッツ・フメルスは個人練習を行っており、またパリ・サンジェルマンのケヴィン・トラップについては感染症のために参加を見合わせた。

イングランド代表戦ではポピー、フランス代表戦では喪章


なおドイツ代表は金曜日のイングランド代表戦後、ふたたびドイツへと戻り、火曜日には今度はケルンにて、フランス代表とのテストマッチが予定。そこでは先日他界したハンス・シェファー氏の追悼イベントや喪章をつけてプレーするほか、さらに金曜日のイングランド代表戦でも、第一次世界大戦終結を記念してイギリス国王ジョージ5世によって定められたリメンブランス・デーのためポピーを身につけるとのこと。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報