ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月15日

フランク・リベリがチーム練習参加、ベルナトの復帰も迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


もうまもなくしてユップ・ハインケス監督は、二つのオプションを加えることができそうだ。フアン・ベルナトとともに、フランク・リベリが練習復帰を果たしている。

リベリは左膝の外側側副じん帯を損傷し、カルロ・アンチェロッティ前監督のリーグ戦最終戦となったヘルタ・ベルリン戦以降、ここまで離脱が続いていた。

しかしながらこの日ははじめて、部分的ながらチーム練習参加する姿が見受けられており、今週末の出場は時期尚早ながらも復帰に向けてさらなる前身を遂げている。

またベルナトについては、復帰にむけてより近づいている状態にあり、「たぶん次の試合ではいけるんじゃないかな」と同選手はコメント。スペイン代表SBは今夏に、靭帯結合部を損傷してここまで離脱が続いているところだが、「いい感じだよ。ちょっと痛みはあるけど、でも負傷して3ヵ月半もたっていれば当然のことさ。もう9割は仕上がった感じだね」と語った。

ハインケス監督とレヴァンドフスキのお得意様、アウグスブルク



なお今回の相手アウグスブルクは、ハインケス監督下のバイエルンでは21試合中20試合で勝利を収めている、まさに得意様であり、さらにロベルト・レヴァンドフスキにとっても、これまで12試合の対戦で16得点5アシストをマーク。最近3試合だけに目を向けても7得点3アシストと、驚異的な相性の良さをみせつけているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報