ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月22日

アラバ、ラフィーニャ、ミュラーがCLアンデルレヒト戦欠場へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


すでにチャンピオンズリーグGL突破を確定させているバイエルン・ミュンヘン。確かにパリ・サンジェルマンに0−3で敗戦したとはいえ、まだ首位通過の可能性は残されている状況だ。

カール=ハインツ・ルメニゲCEOは、「最近公式戦8連勝を飾っているし、この流れを保てればいいね」とコメント。ユップ・ハインケス監督も「どうしても勝利を収めたいし、このリズムを保ちたい。とても野心的だ」と意気込みをみせた。

なお筋損傷からようやく復帰を果たしたトーマス・ミュラーについては、「あくまでリスクをかけるようなことはしない」と起用に慎重な姿勢をみせており、さらにミュラーとともにダヴィド・アラバも欠場することが明らかとなっている。アラバは左大腿筋裏に負傷を抱えたとのことで、「ラフィーニャも昨日の練習で打撲を受けた」ためにメンバー入りが見送られた。

また中足の骨折から回復を目指しているマヌエル・ノイアーについては、ハインケス監督は「悲観的にみる理由などない。医師の見込み通りに回復しているし、プラン通りだよ」と強調している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報