ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月24日

ティアゴが長期離脱へ、ロッベンは軽傷

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日行われたCLアンデルレヒト戦の後半47分、相手選手のタックル受けてピッチに倒れこみ、その後即座にプレー続行不可能というシグナルを送っていたアリエン・ロッベン。2人の医師に付き添われ、ピッチを後にするその表情からは苛立ちが見て取れていたのだが、翌日には軽い筋損傷ですんdなことが判明。超キリだるは避けられたものの、週末に行われるグラードバッハ戦は欠場することとなった。

ただその一方で残念な知らせが届いたのは、同じくこの試合で負傷交代していたティアゴだ。前半のうちの交代していたスペイン代表MFだが、木曜日には大腿筋を部分断裂していたことがクラブ側よりは大様。これにより長期の離脱に入ることが確定している。

UEFAがバイエルンのファンを調査



また今回の試合で、バイエルンのファンが、高額なチケットに対する抗議として偽札を撒き散らし、さらに抗議のメッセージを記載したバナーを掲げたことなどについて、UEFAが調査に乗り出したことが判明。バイエルンは高い代償を支払うことになる可能性がでてきた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報