ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月27日

レヴァンドフスキ、将来はMLS移籍? 実業家の妻「LAでブランドを育てたい」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの妻は、同選手がアメリカでキャリアを終えることを願っているようだ。ドイツ語版『ビジネスインサイダー』が25日に伝えた。

 同メディアはレヴァンドフスキの妻であり、実業家でもあるアンナ・レヴァンドフスカさんとのインタビューを掲載。ロベルトが現役を終えるまでに何がしたいか問われると、「アメリカで過ごすことになると思います。ロサンゼルスに住むことを夢見てきました。ロベルトにはロサンゼルスでキャリアを終えて欲しいし、そこで私たちのブランドを育てていきたい」と明かした。なお、現在ロサンゼルスにあるMLSクラブはLAギャラクシーのみだ。

 アンナさんは夫に持たせた手料理の大半を元同僚の元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが食べてしまったことからアイデアを得た食品事業やアプリ開発、投資など幅広くビジネスを行っているという。特定のコンサルタントを置かず、ロベルトの知識やフィーリングによるアドバイスで決断を下すことも多いようだ。インタビューの中で、「私たちは単に口座に入っているだけの資産に意味はない、という結論に至った」と投資を始めた経緯を明かした。

 また、ビジネスでのゴールについては、「“レヴァンドフスキ’s”という名で、強固で正直な、そして安定したブランドを作りたい。今は“ロベルト・レヴァンドフスキ”と“アンナ・レヴァンドフスカ”という2つのブランドがありますが、3つ目として2人のブランドを作っていきたいです」と野望を語った。


きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報