ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月02日

抽選会を終えたドイツ代表レーヴ監督「楽しみだね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


12月1日日本時間の深夜24時から、来夏に行われるロシア・ワールドカップの具rープリーグ組み合わせ抽選会が、ロシアの首都モスクワのクレムリン宮殿にて開催され、前回王者ドイツ代表はグループFに入り、メキシコ、スウェーデン、韓国と対戦することとなった。確かに興味深い組み合わせとなったが、しかし連覇を狙うドイツ代表の目標は1つ。グループリーグ1位通過を果たすことにある。

以下、ドイツ代表関係者のコメント:

ヨアヒム・レーヴ(監督:ドイツ代表)「特に慌てふためくようなことはない。メキシコはコンフェデ杯の時に対戦しているし、スウェーデンは欧州からの代表だ。韓国については多少未知のところがあるがね。ワールドカップが楽しみだよ、面白いグループに入った。ただどの国が相手であろうが、我々が勝ちぬけなくてはならないことに代わりはない。それが当然ながら目的ということになる。だから私自身はとても落ち着いているよ。サッカーの面で考えれば、とても興味深い相手が揃ったと思うね。このグリープリーグでの戦いの中で、我々は連覇にむけたいいベースを作っていければと思っている。それが我々の目指す目標だ。ワールドカップ優勝を果たすと、他国からドイツに注がれる視線というものを如実に感じることができる。それに我々はコンフェデ杯でも優勝を果たしているからね。仕事仲間とあったときなど感じるものだよ。ただ他国も力をつけているし、手強い国はたくさんある。それに個人の力も備わっているよ。面白いワールドカップとなるだろう。開幕がいまから楽しみだ」

ラインハルト・グリンデル(会長:ドイツサッカー連盟)「とても興味深いグループだね、我々にとって刺激的なタスクが待ち受けているよ。これからレーブ監督と彼のスタッフは、今回決まった三ヶ国を相手に準備をスタートさせていくことになる」


マヌエル・ノイアー(主将:バイエルン)「まったく知らないチームは、今回のグループにはいなかった。それは何よりだよ。どういう相手なのか想像がつくからね。とても気の抜けない国ばかりが相手だよ。ただそれでも僕たちの目標はあくまで1つ。このグループリーグを1位で突破するということだ。メキシコはアグレッシブにプレーしてくる傾向があるし、スウェーデンについてはよくわかる。イタリア代表を相手にして勝ち抜けてきた国だ。決して軽い気落ちなどで対戦できる相手ではない。韓国は力強いプレーで知られる。3大陸から3カ国が集まった、興味深いグループだね。」

トーマス・ミュラー(MF:バイエルン)「面白いグループになったね。世界中から集まっているし、まさにワールドカップ!っていう感じだよ。それに3つの全く違うタイプの国があつまった。なんでも組みこまれたというところだね。どのチームとの対戦に際しても、僕たちは心機一転臨む必要があるだろう。メキシコはコンフェデ杯で経験しているけどね。でもワールドカップは別物さ。このグリープがやりやすいかそうではないか、それは対戦が終わったときにはじめて明らかになるものだよ。」

ジェローム・ボアテング(CB:バイエルン)「僕たちのグループはとても興味深いね。だってメキシコと韓国という、他の大陸の国と対戦することになったんだ。決して簡単なグループではないけど、でも僕たちがもっとも有力視されていることは確かだよ。」

日本と同組となったポーランド代表主将ロベルト・レヴァンドフスキ「決して、これは簡単なグループなどでないさ。それに僕たちがグループでもっとも有力視される立場にあるという訳でもない。各大陸から、こういった興味深い相手と対戦できるということは、素晴らしいことだよ。そのなかでも特に僕が対戦を心待ちにしているのは、バイエルンで同僚のハメスがいるコロンビアとの対決だね」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報