ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月06日

PSG、6連勝逃すも首位通過…バイエルンはホームで3発決めリベンジ果たす

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第6節が5日に行われ、グループBでバイエルンとパリ・サンジェルマン(PSG)が対戦した。

 すでに決勝トーナメント進出を決めている両チームが、首位通過をかけて激突。ホームのバイエルンは前回の対戦で0-3の敗戦を喫し、その翌日にカルロ・アンチェロッティ監督が解任に追い込まれた。それでも、ユップ・ハインケス監督が就任してから公式戦12試合で10勝1分1敗と復活。今試合では前回のリベンジを狙う。一方、5連勝中のPSGは引き分け以上で首位突破が確定。負けても、3点差以内ならトップの座を守れる。

 試合が動いたのは8分。ハメス・ロドリゲスが右サイドからクロスを送ると、キングスレイ・コマンの落としを、ゴール前フリーのレヴァンドフスキが押し込み、バイエルンが先制に成功した。

 1点を追うPSGは34分、キリアン・ムバッペのスルーパスでネイマールがエリア内左に抜け出し、左足シュートを放つが、これは相手GKの好セーブに遭う。ピンチをしのいだバイエルンは37分、J・ロドリゲスが左サイドから精度の高いクロスを上げると、中央のコランタン・トリソがヘディングシュートをゴール左隅に叩き込み、追加点を奪った。

 2点ビハインドで折り返しPSGは後半に入って50分、エリア内右のエディンソン・カバーニからの浮き玉パスを、中央に走り込んだムバッペが頭で合わせて、1点を返す。しかし、バイエルンも69分、左サイドを突破したコマンの折り返しを、トリソが右足で合わせて、再び2点リードに戻した。

 その後は両者の攻防が繰り広げられるが、スコアは動かないままタイムアップ。バイエルンが3-1で勝利し、前回のリベンジを果たした。PSGは6連勝を逃したものの、2点差に収めたため、グループ首位通過。バイエルンが2位で決勝トーナメント進出となった。

 決勝トーナメントの組み合わせ抽選会は11日に行われる。

【スコア】
バイエルン 3-1 パリ・サンジェルマン

【得点者】
1-0 8分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
2-0 37分 コランタン・トリソ(バイエルン)
2-1 50分 キリアン・ムバッペ(PSG)
3-1 69分 コランタン・トリソ(バイエルン)


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報