ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月11日

バイエルン、今冬にベルント・レノ獲得を模索?「誤報だ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


土曜日に行われたフランクフルトとのアウェイ戦では、足を骨折したマヌエル・ノイアーの代役を務めるスウェン・ウルライヒが、開始直前に内転筋に軽傷を負ったことで急遽欠場。代わりに9月に現役復帰したトム・シュタルケが、先発出場する事態へと陥っている。

そんななか大衆紙ビルトは、バイエルンが今冬にも、ドイツ代表GKベルント・レノの獲得に関心を抱いていると報道。しかし月曜日にはバイエルン側から、クラブ公式にてこれを「誤報だ」と一蹴した。

発表のなかでスポーツディレクターを務めるハサン・サリハミジッチは、現在のGK陣について「非常に満足している」ことを強調。むしろこの報道に対して法的手段も辞さない考えを示している。

2011年にシュトゥットガルからレヴァークーゼンに加入したレノは、当時は3部に所属する下部チームの若手GKという立場だったものの、レネ・アドラーの負傷離脱で巡ってきたチャンスを活かしてそのまま定位置確保に成功。25才という年齢ながら、ここまでブンデス215試合に出場し、ドイツ代表にも選出された。

ちなみにそのシュトゥットガルト時代に正GKを務めていたのが、現在バイエルンでノイアーの代役を務めるスウェン・ウルライヒ。今季レノはここまでフル出場をつづけ、キッカー採点平均は3.04をマークしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報