ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月18日

バイエルン、独代表サンドロ・ワグナー獲得成立間近に

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kickerが得た情報によれば、すでにサンドロ・ワグナーのバイエルン移籍が間近に迫っているようだ。ボルシア・ドルトムント戦では欠場していたドイツ代表FWの移籍までには、あとは詳細をつめる段階にまで入っている模様。

ナーゲルスマン監督は移籍についてはまだ決まってはいないという姿勢をみせてはいたものの、その一方で予想通りに水曜日のシュトゥットガルト戦でも、週末のドルトムント戦でも欠場。

そしてkickerが得た情報によれば、すでに両クラブともすでに大筋で合意に達しているようだ。あとは詳細をつめるのみとなっておる、移籍金額は1200万ユーロとなる模様。30歳の大型FWとは2020年までの契約を結ぶ見通し。

ミュンヘン出身のワグナーは、バイエルン・ミュンヘンにて9年間を過ごしてプロへの階段を上っていった。そしてデュイスブルク、ブレーメン、カイザースラウテルン、ヘルタ・ベルリン、ダルムシュタットを経て、ホッフェンハイムではドイツ代表に選出されるまでに飛躍。30歳の大型FWはここまでブンデス159試合に出場、36得点をマークしている。

なおバイエルンは今夏にホッフェンハイムから、MFセバスチャン・ルディとCBニクラス・ズーレを獲得しており、半年以内で3人目のドイツ代表をホッフェンハイムから獲得することになった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報