ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月22日

バイエルン、21歳コマンと長期契約…「中心を担う選手になる」と期待

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バイエルンは21日、フランス代表FWキングスレイ・コマンとの契約を2023年6月30日まで延長したと発表した。

 コマンは2015年8月末、ユヴェントスからバイエルンにレンタル移籍で加入。今年4月27日に買い取りオプションが行使され、バイエルンへの完全移籍が決まった。契約期間は2020年6月30日までとなっていたが、早くも新契約を締結することとなった。

 コマンは1996年生まれの21歳。バイエルン加入後は公式戦84試合出場12ゴールを記録している。契約延長にあたっては「これからもこのクラブでプレーできることがすごく嬉しい。満足しているよ。バイエルンとミュンヘンでとても居心地の良さを感じているんだ」と喜びのコメントを残した。

 そして、バイエルンのスポーツ・ディレクターを務めるハサン・サリハミジッチ氏は以下のようにコメントしている。

「キングスレイ・コマンは2017年に信じられないほどの成長を遂げた。バイエルンでの功績によってフランス代表にも招集されたね。素晴らしい1年を過ごした。彼がこのクラブと長期契約を交わしたことを嬉しく思っているし、バイエルンの中心を担う選手になると確信しているよ」


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報