ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月09日

バイエルンの攻守の要レヴァンドフスキとフメルスが再びピッチに

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


火曜日からふたたび場所をドイツに戻し、母国で今年最初のトレーニングを行なったバイエルン・ミュンヘン。そこには、カタールでのキャンプ期間中は調整を行なっていたロベルト・レヴァンドフスキ、そしてマッツ・フメルスの姿も見受けられた。

レヴァンドフスキは膝蓋腱に痛みを、フメルスは内転筋に問題をそれぞれに抱えていたものの、この日のウォーミングアップではチームメイトらと混ざって汗を流している。

その後はフメルスに関しては個人練習に勤しんでいたのだが、一方でレヴァンドフスキの方は45分間にわたってチーム練習に参加。最後のシュート練習だけは参加を見送り、フィットネストレーナーとともにピッチ脇で別メニューを行なっていた。

ただそれでも、火曜日に本拠地アリアンツ・アレナで行われるゾネンホフとのテストマッチでは、まだレヴァンドフスキの出場は見送られ、あくまで狙いは後半戦初戦のレヴァークーゼンへと定められていることだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報