ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月17日

バイエルン、3年半でレヴァークーゼンから4人目のスタッフ引き抜きへ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


レヴァークーゼンは、スカウト部長を今冬に失う事態へと陥ってしまった。フランス出身のロレント・ブッサー氏は、これからはバイエルン・ミュンヘンに職場をうつすことになるという。

同氏の穴埋めについては、昨夏にスカウト部門と競技部門との橋渡し役として迎え入れていたクラウス・コスタ氏が行なっていくようだ。

レヴァークーゼンでマネージャーを務めるヨナス・ボルト氏は、「残念だが、決して後腐れのある移籍ではない。」と強調。「彼は常にレヴァークーゼンのために力の限りを尽くしてくれていた」と感謝の気持ちを述べた。

なおバイエルンは2014年以降、テクニカルディレクターとして招聘したミヒャエル・レシュケ氏をはじめ、そのアシスタントのマルコ・ネッペ氏、フィットネス・トレーナーのホルガー・ブロイヒ氏につづき、この3年半で4人目の専門職引き抜きをおこなったことになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報