ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月18日

今夏で現行契約満了のロッベン、中国やアメリカへの移籍も視野に

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バイエルン・ミュンヘンに所属する元オランダ代表FWアリエン・ロッベンは、近い将来アメリカや中国移籍を考慮しているようだ。17日、ドイツ紙『ビルト』が報じた。

 現在34歳のロッベンは「今はすごくコンディションが良い。あと1、2年は最高のレベルでプレーできると思う」と語り、現役続行に意欲を見せている。

 ロッベンとバイエルンの現行契約は今年の夏で満了するが、契約延長については未決定のようだ。

「クラブ幹部とはオープンに対話を続けているし、全然心配していないよ。そろそろクラブは今後の方針を決めるだろう。その後で、契約延長を含め、クラブと私の将来がどうなるか決まる」

 バイエルンを離れた場合、中国やアメリカでプレーするのかと問われたロッベンは次のようにコメントしている。

「それについては家で家族や友人と話し合っているよ。そろそろ決断を下すべき時期が来ている。数年前から分かっていたことだけど、キャリアの終盤だから考えなければならないことがたくさんあるんだ。簡単なことではないけど、興奮するね」

 チェルシーやレアル・マドリードなど、ビッグクラブを渡り歩いてきたロッベンは、中国やアメリカに活躍の場を移すのだろうか。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報