ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月16日

サンドロ・ワグナー「クリスチアーノ・ロナウドのような選手は好き」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


バイエルン移籍後、はじめて1試合2得点を決めたサンドロ・ワグナー。土曜日に行われたグラードバッハ戦では5−1と快勝をおさめることに成功したが、試合終了後に同選手はイタビューに応じて、ここまでのバイエルンでの戦いや、シーズンの戦い、そして今夏にロシアで行われるW杯のことなどについて語った。

…グラードバッハ戦を振り返って
「2・3のちょっとした部分では不満も残るけど、でもいきなり先発出場するというのは、決して簡単なことではないんだ。特にこれだけ全く新しいチームならなおさらね。でもこのチームにはとても高いクオリティがあるし、FWとしてとてもいいチャンスを得られることができる。そこで自分をアピールすることができるよ。決定力を示すことができてよかったと思う。夏のことも考えてもね。バイエルンでとてもポジティブにここまで過ごしているよ。とてもいいスタートを切れているね。常にプレッシャーはあるけど、でもそれを楽しめるタイプなんだ。むしろ後押ししてくれるよ。今はいい状態にあると思う。翼をつけたような感じだね。ハインケス監督は素晴らしい人物だ。彼とまた一緒に取り組むことができて嬉しいよ。あとでメリットにもなると思う。いかに彼がチームをまとめあげていたのか、どう彼が選手と話をしているのかを見れるからね。フィジオや医療スタッフらも含めて」

…ホーム戦で最初の先発
「ちょっと特別な感覚はあったね。ホームの試合ならポゼッション率は上がってくるし、FWとしてチャンスが増えるという意味でもある。アウェイ戦ではそんなにそれは簡単なことではないんだ。少し下がり目に構えるところがあるからね。アウグスブルク戦とグラードバッハ戦を比較してもらってもそうだし、実際にフライブルク戦やマインツ戦でもそうやってうまく機能しているんだ」

…グラードバッハ戦では立ち上がりで苦労したところも
「多少の時間はかかってしまうものさ。これまであまりプレーしたことのなかったメンバーでプレーするということは、決してそんなに簡単なことなどではないんだよ。ただ高いクオリティをもった選手たちだし、とてもいいメンタリティをもっているということがとても重要なことだった。それにこれまでベンチや観客席で試合をみていた選手たちにとっては、出場機会を得たという喜びがあるからね。それが後押ししてくれるものだよ。とてもいいスプリントを見せていたと思う。それに長くチームにいる者からは、こういうことがこんなにもうまくいくというのは珍しいことだという言葉もでていた。これからの戦いに向けての好材料になるものさ」

…ローテーションを行なったことについて
「とても大きなメリットになったと思う。多くの選手に実戦経験を与えることができたし、火曜日のレヴァークーゼン戦にむけて準備万端といった感じだよ。自信、フレッシュさがここにはある。これは大きなメリットだ。それからハノーファー戦があるし、そこではまたローテーションを行うことが考えられるだろう。そしてレアルとのホーム戦だ。監督がこういうことをしてくれること、そしてとてもうまく機能していることは素晴らしいことだと思う。これからの戦いに向けて大きなメリットだよ」

…レヴァークーゼン戦について
「レヴァークーゼンはとても調子がいいし、実際とてもいいチームだ。代表選手も控えているし、選手が自信をもってプレーしている。これから試合にむけてしっかりと準備していって、開始からしっかりと試合に入っていくということ。難しい試合になると思うよ」

…来季から指揮をとるニコ・コヴァチ監督について
「まだ正式に何かを聞いているというわかではないんだ。ちょうど僕が不在だった時に話していたのかもしれないけどね。コヴァチ監督はいいメンタリティを重視する人物でもあるし、それは僕にとっては好材料だと思う。フランクフルトがみせる戦いぶりは楽しいものだし、僕はフランクフルトのヒュブナーSDと繋がりがあるんだけど、彼は常にコヴァチ監督のことを賞賛していた。いい監督だと思うよ、まぁそうじゃなくてはバイエルンの監督に就任することなんてないだろうけどね。」

…ここまでのバイエルンへの復帰は期待通り?
「あまり自分の期待値ではかったりはしないタイプなんだ。僕は復帰したいと思っていたし、自分のホームでいい時間を過ごしたいと思っていた。またホームに戻ってこれて嬉しく思う。ここ数ヶ月しかここにいないという感覚はない。今はこの状況にとても嬉しく思っているし、感謝しているところだよ」

…ワールドカップ出場のチャンスについて
「だんだんイライラしてくるだろうね。ミュラーやフメルスにこのことを毎週聞くことはしないだろう?僕も自分自身に対して同じで、今は今日のために全力を尽くし、そして得点を決めていくということさ。これまでどおりにね。W杯にふさわしいならば参加することになるだろう。そう確信しているんだよ。だからこのことに苛立ちを感じることはないし、チーム内でも、家族でも、このことで特にイライラすることはないんだ。ふさわしければそこにいるはず。それに自分で決められるものではないし、今はプレーで見せていくということ。だからワールドカップ出場については大して考えてはいないんだ。」

…キャリア最多得点について
「このペースでいけばそれも可能だろう。ただこのままこれが続くかなんてわからないよ。これからも難しい試合が待っているからね」

…レアル戦
「とても楽しみにしている。レアルは大きな壁だ。でも僕たちだって烏合の衆をいうわけではないんだし、とても前向きに自信をもって試合に臨んでいくよ。とても状態はいいしね、この2試合はとても楽しみさ」

…クリスチアーノ・ロナウドについて
「素晴らしい選手だと思うし、こういう選手は好きだね。見ていて楽しいよ、だってみんな同じなら退屈じゃないか。彼は特別なものをもっているし、それにたくさんのゴールも決めている、見事なくらいにね。練習でも彼が試合でみせているように得点することなんてできない。信じられないくらいにいい選手だと思う。これからの対戦が楽しみだ。ただうちの守備陣もとてもいいからね。欧州ベストじゃないかな。だから怖がる必要はないと思うんだ。」


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報