ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月04日

バイエルン、マスカレルに関心?バルサのディニュにも注視

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日はポカール優勝という形でタイトル獲得に成功し、来シーズンにはホームでバイエルン・ミュンヘンとのスーパーカップ、さらにはヨーロッパリーグの舞台での戦いも控えているアイントラハト・フランクフルト。

だがその一方で先日は、ポリバレントな主力MFマリウス・ヴォルフがボルシア・ドルトムントへと移籍することが発表されており、さらにスペインのマルカ紙はが報じたところによれば、レアル側はオマル・マスカレルとの契約にある買い戻しオプションを、7月1〜15日の間で行使する可能性があり、シャルケのほか、コヴァチ監督が移籍するバイエルンも移籍先の候補としてマルカ紙は名前をあげている。

2016年夏からフラクフルトでプレーする25才のスペイン人MFは、今季は負傷により大きく出遅れてリーグ戦9試合に出場。1得点、kicker採点平均3.28をマークしており、ポカールでは準々決勝から全て出場して、準決勝でシャルケを、決勝ではバイエルンを下し優勝に貢献した。

レナト・サンチェスが古巣ベンフィカへ?



またポルトガルのメディアでは、レナト・サンチェスを巡りバイエルンと、古巣ベンフィカ・リスボンが話し合いを行なっている模様。これはポルトガルのA bola紙が伝えたもので、kickerの特派員も確認した。

なお1年間のレンタルでの復帰が指摘されており、ドイツ・バイエルン、そしてイングランド・スウォンジで思うようなシーズンを過ごせなかった20才の若武者にとって、慣れ親しんだ母国、そして古巣での環境は復活への一助となるかもしれない。

ベルナトの穴埋めとして、バルサのディニュに注視


さらに移籍が指摘されるフアン・ベルナトの穴埋めとして、バイエルンはバルセロナとの契約を2021年まで残すリュカ・ディニュを注視している模様。2016年におよそ1700万ユーロでパリから渡った同選手だが、同程度の金額で獲得できる可能性があり、バイエルンのほかユベントスやインテルからの関心もつたえられているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報