ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月12日

バイエルン、本拠地改修後のこけら落としにマンUと対戦

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


バイエルン・ミュンヘンは今夏に、さらなる注目度の高いテストマッチを組んだことを発表した。改修後初となる本拠地アリアンツ・アレナのこけら落としとして、マンチェスター・ユナイテッドとのテストマッチが行われることになる。

試合は8月5日20時15分(日本時間27時15分)に行われ、この日はファン・フェスティバルと銘打ち「魅力的な様々な」アトラクションも用意されていることもあわせて発表された。

なお今季モウリーニョ監督の下で2位でフィニッシュしたマンチェスター・ユナイテッドは、来季よりバイエルン・ミュンヘンの監督を務めるニコ・コヴァチ監督にとっての本拠地デビュー戦という意味合いももつ。

ちなみに本拠地アリアンツ・アレナは、当初1860ミュンヘンとの共同保有という形をとり一昨シーズンまでは両クラブから利用されていたものの、しかしながらすでに1860は保有権を手放しており、今回の改修工事でバイエルン・ミュンヘン使用のデザインへと変更がなされることが発表されている。

また今夏にバイエルン・ミュンヘンはこのマンチェスター・ユナイテッド戦のほか、7月21日にパリ・サンジェルマン戦(クラーゲンフルト)、そして米国ツアー期間中にユベントス(7月26日inフィラデルフィア)、そしてマンチェスター・シティ(7月28日inマイアミ)を行うことがすでに確定済み。

DFBから7万7000ユーロの罰金

DFBスポーツ裁判所は月曜、バイエルン・ミュンヘンに対して、火器類の使用などファンが行なった不適切な行動5件の事案に対し、合計7万7000ユーロの罰金を命じる判断を下した。すでにバイエルン側はこれを受け入れていることから処分は確定済みとなっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報