ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月15日

マヌエル・ノイアー「問題も痛みも、もう何もない」

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


8ヶ月以上にも渡り戦線から離脱していたマヌエル・ノイアーに対しては、果たしてワールドカップまでに間に合うのか長い間議論がなされてきた。だがその疑問に対してドイツ代表主将は、ピッチの上で答えをみせており、さらにドイツの国営放送ARDとのインタビューの中で、改めて自身の復調について自信をみせている。

万全の状態で、ロシアワールドカップ初戦、メキシコ代表戦に臨むことができる。そうマヌエル・ノイアーは実感しているところだ。「いい感覚を覚えているよ。もう問題も痛みも不均衡もみられない」

昨年9月に再び中足に骨折を抱え、そのまま所属するバイエルンでは出場機会を得られないままシーズンを終える結果となった同選手だが、先日行われたオーストリア代表選、そしてサウジアラビア戦でも出場。ともにいい印象を与える納得のパフォーマンスを披露した。

「これまで僕はとてもポジティブな気持ちをもって取り組んできた。そして負荷に対してうまく対処できているし、とてもうまくコントロールできている。医療スタッフからのお墨付きももらったよ」とノイアー。

前回王者として臨むドイツ代表は、今大会については特に注目を集めることになるが「高い集中力をキープして臨むということ。多くのロストをしないということ。うまくポジショニングをするということ。カウンターを避けるということ」と指摘。

またテストマッチでは精彩を欠く内容も露呈したが、このことについてはあくまでテストであって、ワールドカップでの戦いと比較するようなものではないとの考えも強調している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報