ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月03日

「期待値の高い大きなポテンシャルをもった」セルゲ・ニャブリ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



月曜日にはニコ・コヴァチ監督とともに、セルゲ・ニャブリの会見も行われた。「ドリブルを仕掛けることを好む、攻撃的な選手だ。シュートに関しては成長がみてとれているけど、でもまだ利き足ではないほう(左)については取り組んでいかないとね」

2シーズン前に渡ったブレーメンにて活躍をみせ、そして昨夏にバイエルン・ミュンヘンへと移籍した同選手。しかし昨季はホッフェンハイムへと武者修行に向かっている。「(この2年間は)アーセナルで辛い時間を過ごしたあとで、自分に良い影響を与えてくれたよ。楽にプレーできるようになった」

ただホッフェンハイムでは、内転筋に負傷を抱えシーズンを早めに終えることになってしまったが、現状については「良い感じできていると思う。フィジカル面ではとてもいいよ。チームとこれから取り組んでいくのが今から楽しみさ。すぐに入っていく用意はできている」とニャブリ。「チャンピオンズリーグでの戦いが楽しみさ。ホッフェンハイムでは予選で終わってしまったのでね」と述べている。

これからはロッベンやリベリといったベテランウィンガー、そして若手ではコマンらと共に激しい定位置争いを展開していくことに。「高いクオリティをもった選手があつまる、とても分厚い選手層をもったチームなんだ。定位置争いを楽しみにしているし、どの選手だって求められるものだと思う。その用意はあるよ。じゃないとここになんていないし、サッカーだってやっちゃいないさ」

一方のハサン・サリハミジッチSDは「彼のストロングポイントであるスピード、ドリブル、得点力についてはまだまだ伸びると思っている。大きなポテンシャルをもった選手だ。とても期待しているよ」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報