ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月20日

来年バイエルンへ?一転!期待の若手アルプがハンブルクと延長!

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜日にkickerでは、今週中にもドイツ期待の若手FWヤン=フィーテ・アルプが、ハンブルクとの契約が切れる来季からバイエルンに移籍するのか、それとも移籍金が発生する今夏に移籍するか、その決断が下される見通しであることを報じていたのだが、週末に明らかとなったのは何と、所属するハンブルガーSVとの契約延長の知らせだった。

 「2部降格を喫した時から、フィーテの中ではここに残りたい、そして1部昇格のために全力を尽くしたいという気持ちははっきりとしていたんだ。そして最終的にあれだけの可能性がありながらも、チームの顔である彼が残留を決断してくれたことはとてもメッセージ性のあるものだよ」と、ハンブルクでマネージャーを務めるラルフ・ベッカー氏は喜びのコメント。

 また2020年まで延長したアルプも、今回決断した理由について、「2部降格したこのチームを去るなんてオプションは、僕の中にはなかった。辛い時期にあるからこそ、僕はハンブルクと道を分かちたくはない。クラブが本来あるべきところへ戻ってもらいたい。だから早い段階から、ハンブルクと共に歩むこの道がまだ終焉に来ていないということははっきりとしていたことだったんだよ」と述べている。

 昨シーズンに2000年生まれの選手第一号として、ブレーメンとの北部ダービーでブンデスリーガデビューを果たしたドイツU17代表FWは、最終的にリーグ戦17試合に出場(先発8得点)し、2得点をマークする活躍を見せていた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報