ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月10日

アリエン・ロッベンがJ.ボアテング残留を希望「世界最高のCB」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


パリ・サンジェルマンへの移籍の噂がヒートアップしているジェローム・ボアテング。同選手の姿は今の所は、合宿地にあるロッタッハ=エッガーンに見受けられているのだが、そんなボアテングの去就について長年共に戦ってきた盟友、アリエン・ロッベンが自身の見解を明確に語った。

 「ジェローム・ボアテングは、僕の目からみて、世界最高のセンターバックだと思う。彼と共に、僕たちは数多くの成功を納めてきた。ジェロームはとにかくチームにとって、非常に重要な存在なんだよ」

 そしてアリエン・ロッベンの目は今シーズンへと野心的に向けられており、「昨シーズンよりも1つ以上多くのタイトルを獲得したい」と宣言。まず何よりも手にしたいのはチャンピオンズリーグであり、また昨年優勝を阻まれたドイツ杯と共に国内二冠も達成したいところだ。

 そのために必要なものとして、ロッベンはビダルが去った現時点での既存の戦力をこれ以上手放すべきではないと考える。「僕たちはかなり完成されたチームだと思うし、とても高いクオリティをもっている。それを継続していくということ、それによって僕たちは成功を納められると思うんだ」

 ただ唯一ロッベンが不安要素に感じていることは、バイエルンが十分にハングリー精神をもってのぞめるかということ。国内においてライバルとなると予想しているチーム名については「見てみることになるよ」とだけ語っており、「自分たちがライバルというようではいけない。自分たちのことをちゃんと見つめなくては」とコメント。

 なおこれからシーズン最初の公式戦にして、初タイトルがかかるフランクフルトとのリベンジマッチ、DFBスーパーカップが今週日曜にフランクフルトにて、そして18日にはドイツ杯1回戦、その翌週からはリーグ戦開幕戦と続くが、ロッベンは「僕たちはとてもハードにトレーニングを行ってきた。その成果をこれからの数週間で見せたいところだね」と意気込みを見せている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報