ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月12日

バイエルン新加入の二人の若きドイツ代表、ゴレツカとニャブリ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


確かに本日日曜日に行われる、今季最初の公式戦DFBスーパーカップでは、ミュンヘンに残ったセルゲ・ニャブリの起用は見送られることは確実ではあるのだが、しかしながらそれでも試合前の会見の席でニコ・コヴァチ監督は、そのニャブリ、そしてレオン・ゴレツカといった、二人の若きドイツ代表の新戦力への期待感を示した。

 「レオンは素晴らしいドイツ代表選手が。このバイエルンの選手として名を連ねるのにふさわしい選手だよ。彼はここで、大きな役割を担うことになる。私はそう確信しているところだ」

 23才のMFは今夏にロシアで行われたワールドカップでも出場を果たしており、7月25日に代表組とそろってチームへと合流。ただしすでに先日行われたマンチェスター・ユナイテッドとのテストマッチでは45分間出場。

 同選手はこれまでの所属クラブと比較して「僕たちはあのマンチェスター・ユナイテッドを90分間に渡って圧倒していた。それは並大抵のことなんかじゃない」とコメント。

 またニコ・コヴァチ新監督については、ここまでハードなトレーニングをこなしてきており「それが僕のプレーの土台となるものだ。トップコンディションを保つ必要が僕にはある。これまでとは異なる哲学ではあるけど、でも、僕にとっては意義のあることだと思うよ」と述べている。

 一方でニコ・コヴァチ監督は、もう一人の若きドイツ代表の新戦力であるニャブリに対しても、”意義深さ”を感じとっているようだ。ホッフェンハイムでの武者修行から戻ってきた若きFWは、今夏の準備期間ではここまでウィング、トップ、さらには右サイドバックとしてもプレー。

 コヴァチ監督は「彼がここまでプレーしたどのポジションでも、好パフォーマンスを披露していたよ。彼はフレキシブルに起用することが可能な選手なんだ」と評価を語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報