ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月15日

ワールドカップ優勝のトリッソがバイエルン合流「CL制覇を」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 コランタン・トリッソが、バイエルン・ミュンヘンの練習場へと戻ってきた。ワールドカップ王者として再合流した同選手には、特別な歓迎が用意されており、新たなシーズンを前に若きフランス代表MFは決意表明も行なっている。

 「チャンピオンズリーグを制したいと思う」と、ドイツ語で語ったトリッソ。その前には拍手で迎えるチームメイトとワールドカップのデコレーションが施されたケーキが用意され、同選手の右手にはカット用のナイフがあった。

  なおその場面をバイエルン公式で放送する前に、トリッソはニコ・コヴァチ新監督の下で最初の練習を行なっており、「普段通り、僕は毎シーズンすべてを手にしたいと思って望んでいる」とコメント。「特に今シーズンは優勝杯を制したいと思っているんだけど、ただこのチームは全てを制するだけの選手層の厚さをもっている。その目標を僕も追いかけていきたい」と意気込みをみせている。

 パフォーマンステストを終え、ここ数日は個人練習を重ねてきたトリッソは、これから公式戦にむけて状態を回復させていく必要がある。そのため水曜日に行われるハンブルガーSVとのテストマッチでは参加せずに別メニューを継続していく見通しだ。

 また火曜日にはダヴィド・アラバ(膝の打撲)とロベルト・レヴァンドフスキ(軽い大腿筋の問題)が回復プログラムをこなしており、ハメスとセルゲ・ニャブリについてはランニングメニューをこなしていた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報