ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月20日

久保裕也、ドイツ語で入団の喜びと意気込みを語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FCニュルンベルクは月曜、公式ホームページにて、先日獲得を発表した久保裕也の紹介動画を掲載した。まずはニュルンベルクのオフィシャル・メディアパートナーである、310クリニックにてメディカルチェックを受け、無事にパスした久保について、動画では「攻撃的MFとして、ニュルンベルクのオフェンスにアクセントをもたらすことが期待されている」と紹介。

 マネージャーを務めるアンドレアス・ボルネマン氏は「長い間チェックしていた」ことを明かし、「ヤングボーイズで活躍」したあとで加入した、KAAヘントでは「監督の交代」もあって「100%満足できない」状況から、チャンスとみて獲得へと乗り出し、「幸運にもうまく迎え入れることができたよ」と喜びを示している。

 そのヤングボーイズ時代では4年半を過ごした久保は、ドイツ語での会話も可能であり、ビデオの中でドイツ語で移籍の喜びを語った。「ニュルンベルクと契約を結ぶことができてとても嬉しく思います。ぜひチームに貢献したいですね」

 さらに動画では、ニュルンベルクで久保が行った最初のトレーニングの様子についても紹介し、日本代表として13試合に出場している久保について、ボルネマン氏は「非常にテクニックのある選手であり、いい戦術理解度とパスゲームがあり、中盤の真ん中でプレーができ、その得点力についてはこれまでに実証済みだよ。ぜひうちでもそれをみせてもらいたいね」と評価。

 そして動画の最後に、これから背番号14を身につけてブンデスリーガ挑戦を迎える24才は「目標としては、たくさんの得点を決めること、アシストを決めること、そしてもちろん勝利を収めることです」と、ドイツ語で意気込みを語った。





 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報