ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月07日

ベルアンダ「かつての自分を取り戻したい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1452111963


ユネス・ベルアンダのシャルケへのレンタル移籍が確定した。水曜日にメディカルチェックを無事に済ませたモロッコ代表は、今季いっぱいまでの契約にサインを済ませている。




MF:ユネス・ベルアンダ

ブンデスでプレーすることは、よく夢見たことさ。シャルケは、リーグアン王者としてチャンピオンズリーグに出場したモンペリエ時代に知っている。ここは大きなクラブで、大きな歴史を持ち、素晴らしいファンが見守る大きなスタジアムがある。そうさ、シャルケは僕にとって大きなチャレンジさ。

シャルケのユニフォームで、モンペリエ時代のかつての自分を取り戻したい。そしてチームの目標達成のための助けとなりたいね。




ヘルト氏「サネにオファーはきていない」

sane8-1452073100


4000万?5000万?それとも5500万ユーロ?果たしてリロイ・サネには一体、どれだけの金額が用意されることになるのだろうか?



これまでにもプレミアのクラブは大金をはたいて選手を獲得してきた前例があるが、マネージャーのヘルト氏はマンCからの噂が伝えられる若きドイツ代表について「オファーなんて来ていない」ことを強調。


「あらゆる事態に備えることを怠るなら、それは誤りというものだ。それについては、我々には十分な経験がある。しかしそれと同時に、具体化したことには具体的に対応することも学んでいるよ」と述べ、「ただ今の所はそれがおこってはいないのだ。ただこれからもそのことは気にかけていくことにはなるがね。選手のプレーに影響を及ぼさないように」との考えも語った。




復帰が近づくアオゴ 


aogo8-1452070099


アキレス腱の問題により、前半戦の終盤で離脱を余儀なくされたデニス・アオゴだが、同選手の状況についてブライテンライター監督は「もう1度精密検査を受けて、アキレス腱の問題の箇所について見てみることになる」と述べ、「これから数日、アキレス腱の反応を見てみなくてはならないんだ。基本的には良さそうに見えるし、また通常通りに練習を行えるのではないかな」との見通しを示した。


そのほかに負傷を抱える内田篤人、マティヤ・ナスタッチ、そしてマルコ・へガーに関してはまだ時間がかかるが、ブライテンライター監督は「食事をとったり、チームビルディングをしたり、チームと共にいることが重要なことなんだ」との考えを語っている。




ブライテンライター監督、サムに痛烈なコメント


sam8-1452067041


ブライテンライター監督が珍しく、選手に対して厳しい言葉を浴びせた。


「サムには我々がチャンスを与えていることを伝えた。それは以前に彼がそのクオリティをみせたからだ。他の選手よりも多くの信頼を受け取っているにもかかわらず、チームの助けにまったくなっていない。ここ半年は進展が見られているとはいえ、それでは大した助けとはならないよ。監督としては戦力が必要なのだ。定位置争いを激しくさせられるからね」


「このことは彼にも伝えていることだよ。彼自身もまた、チームの助けとなれていないことをわかっている」


昨夏にはフランクフルトへ移籍間近となりながらも、メディカルチェックでひっかかって破談となっていた同選手。


シャルケとの契約は2018年までだが、ブライテンライター監督は「怪我がなければチャンスはあるだろう」との見方を示し「しかしまずはハードに取り組むこと。そしてチームの助けとなれるようにすることだ。それが彼に課せられた責務であり、我々も彼に対して期待しているよ」と述べている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報