Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月10日

古巣戦に臨むノイシュテータ

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

roman8-1455045939


14年間過ごした古巣マインツ戦を前に、ロマン・ノイシュテータは「サッカーを学んだ場所に戻るのはいいものさ。ただ僕たちが優勢とは見られるだろうし、前回の対戦でマインツから勝利を収められるところは見せているよ」と語った。


現在は負傷者が出たことからも出場機会を得ており、今季まで残す契約の延長へのアピールをしたいところだが、その一方で他クラブからの関心にもつながるかもしれない。


「プレーして、力を示す機会があることは嬉しいね」と述べた同選手は、延長に際しては「定期的に出場できること、そして信頼へのシグナル」と重要視しているところだ。


なお今夏に行われるユーロ2016では、ロシア代表として出場する可能性あるノイシュテータだが、現在は2重国籍の取得に向け「まだいくつか書類上の問題が残されている」ことを明かした。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker