ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月18日

アオゴ、インタビュー中に盗難に遭う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

matip800-1455714651


エリック=マキシム・シュポ=モティングと共に、負傷から復帰を果たしたデニス・アオゴ。今年はじめて招集を受けた今回の遠征だったが、しかし出だしでショックに見舞われた。


空港でインタビューに応じていた元ドイツ代表DFだが、その際に高級バッグを盗まれ、中にはノートパソコン、飛行機チケット、そしてパスポートなども。


その後アオゴは、代わりに一時的なパスポートを受け取っている。


マティプとガイスのホットライン


今季マティプがマークした4得点、その全てがガイスから提供されたものだ。「ガイスは完璧なところにボールを供給してくれるんだ。まさに僕の頭にピンポイントにね」と賛辞を贈ったマティプ。


ガイスとのホットラインは、シャルケの一つの方程式にもなっている。


なお先日リヴァプールへの移籍を発表した同選手だが、「最後の日までシャルケのために全力を尽くすこと」を誓い、「CL出場は伊達じゃない」ドネツクとの戦いを前に、「決して怖気づいたりはしない」と語った。


ボアテングの自叙伝にヘルト氏がコメント


また出発前にACミランに復帰したケヴィン=プリンス・ボアテングの自叙伝について問われた、マネージャーのヘルト氏は、「もしいままでクラブで関係した人について、ネガティブなことを書くなら、罰金の方が多くて売り上げに繋がらないよ。」とコメント。両者は移籍の際に、沈黙を守るよう契約を結んでいるところだ。


ヘルト氏は「ケヴィンは流動的な興味深い人生を送ってきたが、それが長く続くように願っているよ」と語った。