ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月23日

ゴレツカとシュポ=モティングが負傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

goretzka8-1456160255

木曜日にELシャフタール・ドネツク戦セカンドレグが控えるシャルケ04だが、レオン・ゴレツカとエリック=マキシム・シュポ=モティングの出場が危ぶまれている。


週末に行われたシュトゥットガルト戦ではフル出場したゴレツカだったが、検査の結果ふくらはぎに過度伸展が見られることが判明した。


出場したリーグ戦20試合中19試合で先発、最近8試合ではフル出場を果たすなど、チームに欠かせない存在となっている21歳だが、代役候補として挙げられるのはバイエルンからレンタルで加入し、後半戦では1試合の途中出場のみにとどまっているピエル=エミル・ホイビェリが挙げられるだろう。


またシュポ=モティングは骨盤を打撲。こちらも出場が危ぶまれており、こちらの代役としては今冬加入のアレッサンドロ・シェプフ、先日得点を挙げたユネス・ベルアンダ、さらには扁桃炎で前節欠場したマックス・マイヤーらが控えている。