ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月15日

ハリル、欧州視察で内田、武藤の負傷状況を確認「復帰を楽しみにしている」

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、ヨーロッパでプレーする日本人選手の視察に訪れた。15日、同監督が日本サッカー協会(JFA)を通じてコメントした。


2月初頭から欧州視察を行っているハリルホジッチ監督は、13日に行われたブンデスリーガ第21節のMF香川真司が所属するドルトムントとDF酒井宏樹、MF山口蛍、MF清武弘嗣が所属するハノーファーの試合を観戦。移籍直後の山口には「しっかり前を向いてポジションを取ってほしい」と伝えたという。


また、試合後には香川、シャルケのDF内田篤人と会食の機会を設けた。負傷からの復帰が近づく内田とはケガの回復状況を確認しながら、「復帰を楽しみにしているが、焦らないように」と言葉をかけた。また、香川とは代表での課題や意見交換を行い、「非常に良い時間を過ごせた」とコメントしている。


翌14日には、フランクフルトのMF長谷部誠、マインツのFW武藤嘉紀と昼食をともにした。武藤とは負傷状況について話し合い、「経過は順調そうでよかった」と回復が進んでいることを明かした。また長谷部については「キャプテンという立場の彼と、今後の代表活動に向けた準備など、深い話をすることができた」とみっちり話し合った模様だ。


続いて、ハリルホジッチ監督はロンドンへ飛び、ダンディー・ユナイテッドのGK川島永嗣、レスターのFW岡崎慎司、サウサンプトンのDF吉田麻也と夕食をとり、それぞれとコミュニケーションを深めた。所属クラブが決まった川島については「試合に戻って来たのはよかったですし、週末の試合もPKを止めるなど良いプレーをしていました」と指揮官も一安心のようだ。


自身が日本代表監督に就任した際は、ブラジル・ワールドカップ、アジアカップで結果を残せなかったタイミングであったため「選手たち自身が答えを探しているよう」だったと回想。まもなく就任から1年が経過するが、「少しは選手たちを理解できた」と手応えを口にした。


互いに理解を深めるためにも会談の機会は重要だと明言し、「選手も同じ気持ちを持ってくれた」と感じている。選手たちとは「次のステップへ向けてチームも個人も何をしなければいけないか話をすることができた」と振り返り、欧州視察について「非常によい時間を過ごすことができた」と総括した。


日本代表は2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選で3月24日にアフガニスタン代表、同29日にシリア代表との対戦を控えている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報