ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月21日

ブライテンライター監督「勝ち点を得なくてはならない試合」

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FBL-GER-BUNDESLIGA-SCHALKE-DORTMUND

「来季に欧州の舞台に立つということ。それがシーズンの目標だよ。」と宣言したブライテンライター監督。当然ながらできることなら、チャンピオンズリーグへプレーオフを経由せずに出場を果たしたいところではあるのだが、しかしもしも週末の3位レバークーゼン戦で敗戦を喫することになると、残り3試合で勝ち点差が9となり、得失点差の関係上ほぼ絶望的な状況へと追い込まれてしまう。


だからこそ、ブライテンライター監督は「直接争うチームから、いまこそ勝ち点を取らなくてはならない。できることなら3をね」と強調。そして欧州への舞台をかけた戦いは「最終節までもつれ込むことになるだろう」との見方を示した。


そこでポイントとなるのは、いかにして先制点を許さないかということになるだろう。


先制点を奪った場合にレバークーゼンは、今季15試合でいずれも勝利を収めているのに対して、逆にシャルケ側は先制を許した場合には今季はハンブルク戦のみで逆転している状況にある。